2014年07月20日

直接ビリルビンと間接ビリルビン

赤血球が溶血してできるビリルビンが間接ビリルビンで、
間接ビリルビンは肝臓でグルクロン酸抱合により、直接ビリルビンとなり、
胆汁中に放出される。後に腸肝循環により、取り込まれる。

直接ビリルビン値の上昇は、胆管の閉塞により、生じ、
間接ビリルビン値の上昇は、溶血の亢進により、生じる。


posted by 没有 at 14:33| 后锋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。